baLLjugglermokaのジャグリング+パズル+数学研究所

このプログはパズル、ジャグリング、数学研究等がメインテーマです。このブログの記事は随時更新記事です。一度更新した後でも、追加更新されることがあります。「バックナンバーはどうせ更新されないから見る習慣がない」という方は、このブログのバックナンバーを定期的に観覧すると、もしかしたら更新された新ネタに遭遇するかもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ゲームパズル研究家が書いた本の紹介その1

皆様は暇な時に何をしていますか?

上記の質問に「暇つぶしにゲームやパズルをやっています」と答える人は多いのではないでしょうか。そういった方が沢山いらっしゃると嬉しいものですね。

ゲームやパズルをやる一番の目的は「楽しむ事」ですが、やるからには「勝ちたい」と思うのが、自然な思いですね。

今回はそういったゲームパズルファンの為に、ゲームパズル研究家が書いたパズルの本を紹介したいと思います。ゲームパズルに関する考察は、社会への影響、日常生活での位置づけ、歴史等沢山のアプローチ方法がありますが、今回は第1回目という事で一番オーソドックスなアプローチ方法である「ゲームパズルの数理」について論じた本を紹介します。第一回目という事は第2回目もあるのかと言えば...勿論ありますよ。楽しみですね。さて、楽しみが出来たところで早速紹介本を以下にピックアップします。

パズル・ゲームで楽しむ数学

確率・統計であばくギャンブルのからくり

ツキの法則

カジノゲーム入門辞典

勝負運の法則

脳がよろこぶ思考力アップ!パズル

今回のポイントは著者がゲームパズルの研究者である事です。ゲームパズルは他の学術分野(数学・物理・文学・工学・社会学・哲学等)と異なり現在、専門の学術雑誌が存在せず、小学校から大学院までに一つの科目として取り上げられていない分野です。最近になって、暇な時間の使い方や頭脳鍛錬という観点で世間で重要視されつつあり、

情報処理学会論文誌の特集号としてゲームパズルに関する論文投稿を募集したり、
http://www.ipsj.or.jp/journal/cfp/13-PUZ.html

学会発表形式に研究会が開催されたりしています。
http://www.lab2.kuis.kyoto-u.ac.jp/~itohiro/Games/

勿論、著者は上記の研究会、論文誌に係わりのある方です。詳しくは上記のリンクで御確認下さいませ。

若干専門チックな話になりましたが、要するに、ゲームパズルの数理の未開拓な部分が開拓されつつあり、大発展の可能性があるという事です。

今回紹介した本は、特定のジャンルではなくオールジャンルに適用できる内容が書かれています。そして、そんなに難しい数学の知識は必要ありません。小説を読む感覚で読んでいくのが一番良いと思います。読んで自分なりの必勝法を見つけるもよし、理論的バックグラウンドを参考に新しいゲームパズルを考案するもよし、とにかく多彩な用途に活用できる本だと思います。そして、次のような方にお勧めです。

対象者:「とにかくゲームパズルが好きである人。」

次回はどの本を紹介するかは...更新してからのお楽しみとさせて頂きます。

     

最後におまけとして、パズル問題を出題します。今回もパズル問題コーナーではないので、サイズは適当なのを一問という形にしたいと思います。前回と同様に10×11のサイズを採用しました。

パズルの種類は、ヤジリンです。

ヤジリンのルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/yajilin.html

ヤジリン問題1:


ヤジリン問題1

パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |

沢山の種類のパズルを扱った雑誌の紹介2

タイトルにあります通り、多種類のパズルを扱った雑誌の紹介第2段!! パズルは一種類にこだわらず、幅広い視野を持つことで、沢山楽しめるだけではなく、自分自身のパズルの解き手のスキルや作り手のスキルも鍛える事が出来ます。スキルを鍛えて沢山楽しみたい方は以下の文章は必見ですよ。

前回、多種類のパズルが掲載された雑誌として「パズル通信ニコリ」を紹介しましたが、今回は、ニコリ系以外で多数のパズルで遊べる雑誌を紹介します。それは、

難解ナンプレ

厳選推理パズルSPECIAL

です。「難解ナンプレ」はナンプレがメインですが、作家さんのオリジナルパズルも掲載されています。「厳選推理パズルSPECIAL」は推理パズルがメインですが、その他の種類のパズルも掲載されています。
多くのパズル雑誌は「クロスワード...」、「まちがいさがし....」、「ナンプレ....」等、殆どタイトル通りに一種類のパズルのみ掲載しています。

今回紹介した2種類の雑誌は、「パズル通信ニコリ」の様にオールジャンルとまではいきませんが、複数の種類のパズルで遊べますので次のような方にお勧めです。

対象者:「幅広い種類のパズルを解きたいけど、この種類のパズルだけは絶対に解きたい人。」

皆様もこれを機にパズルの世界観を広げて大冒険してみてはいかがでしょうか?




厳選推理パズルSPECIAL 4 (EIWA) (単行本・ムック) / 英和出版社

最後におまけとして、パズル問題を出題します。パズル問題コーナーではないので、サイズは適当なのを一問という形にしたいと思います。7が7つとはエレガントですね。これぞ、スーパーラッキーセブン!!

パズルの種類は、ぬりかべです。

ぬりかべのルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/nurikabe.html

ぬりかべ問題1:
ぬりかべ問題1

パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |

パズル問題コーナーその2(色々パズル)

パズル出題企画第2段!!第一回目は同じ種類のパズル出題でしたので、第2回目は全部異なる種類のパズル出題でお送りしたいと思います。出題形式は第一回目と同じ方法(4分の1サイズを4問)を採用したいと思います。この出題方法はこのブログの定番ですので(勝手に決めただけです)今後も多分、この出題方法を採用していくかもしれません。
ただし、このブログの読者からの出題方法の提案等は大歓迎ですよ。ブログの名称にもあります様に「研究所」という単語がありますので、パズルや数学やジャグリングに関して自由に議論できる場になれば管理者としても嬉しい限りです。

さて、余談はこの辺までにして、いよいよ本題です。

今回は特別におまけ問題を2問加えた計6問構成でお送り致します。(通常は4問構成ですので、毎回6問構成にはしませんのであしからず)
ただ普通に問題1~問題6ではこのブログの定番出題方法の存在の意味がなくなりますので、5問目は「5」に関係するパズルを出題致します。

ルール:問題1~問題4、問題6はhttp://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/index.html
     問題5はhttp://nikolikeipuzzle.blog.fc2.com/blog-category-21.html
   をそれぞれ御確認下さいませ。(5問全てニコリ社オリジナルのルールです。)


問題1:クリーク           問題2:のりのり                 
問題1問題2

問題3:シャカシャカ     問題4:フィルオミノ
問題3問題4

問題5:ファイブセルズ 問題6:ヤギとオオカミ  
問題5 やぎおおかみ

パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |

沢山の種類のパズルを扱った雑誌の紹介

パズルと言えば、皆様が思い出すのは、数独というのが大多数かと存じますが、パズルには数独以外にも様々な種類があります。
一つのパズルを奥深くまで追求するのも、一つの楽しみ方! しかし、一つでも多くの種類のパズルを奥深くまで追求したいという方もいらっしゃるかと思います。

そういう方に是非お勧めなのが、

「パズル通信ニコリ」

です。
パズル通信二コリは別名二コリ本誌とも呼ばれていて、日本で始めて出版されたパズルの専門誌で、現在ではオールジャンルを扱う日本唯一の総合パズル専門誌です。日本で最も歴史の長いパズル専門誌だけあって、パズルの奥深さを十分味わえます。

懸賞パズルも充実していることはもちろんの事、その他コンテストなども行われています。そして、正解者全員の名前を掲載する特別応募問題や市販のパズルの紹介、専門家の連載記事、パズルやゲーム関係の施設への取材報告等その他にも面白いコーナーが沢山あり、パズル初心者でもプロ作家でも十分楽しめる内容になっています。


そして、自作パズルの投稿も随時受け付けています。プロの作家も投稿したりしています。自分(baLLjugglermoka)のオリジナルパズルは137号と138号に掲載されています。(以下のリンクを137号から最新号にしたのも自分の初掲載が137号というのが理由です(^^))

この雑誌の楽しみ方は人それぞれですが、様々なジャンルが掲載されているという利点を生かして、
一問解いたら次は別の種類のパズルを一問と解いていき...とすれば様々な思考力を鍛えられるだけでなく、思考の切り替え能力も鍛えられると見込めます。

己の得意なパズルを知りたい人もこの雑誌で一種類でも多くのパズルを解いて得意分野を見つけるのも良いかも知れません。

追伸:この記事は随時更新記事です。更新ネタ、内容の変更がありましたらその都度更新させて頂きますので宜しくお願い致します。




パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |

パズル問題コーナーその1(クリーク)

このブログでは雑誌の紹介、専門家目線での考察、研究等がメインですが、たまにはパズル問題を気が向いた時にマイペースに
出題していく予定です。出題頻度は気が向いた時にマイペースにといった流れですので、かなり不定期です。

今回のパズル問題はクリークです。クリークはパズル通信ニコリのオモパコーナーから誕生したニコリ社のオリジナルパズルです。

ルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/creek.html

普通の出題の仕方では普通すぎるので、一風変わった出題方法を採用したいと思います。

通常サイズは10×10ですが、自分のブログでは通常の4分の1のサイズである5×5を採用します。
4問出題すれば通常問題を一問出題したのと同値ですね。

出題は以下の4問です。

問題1問題2
問題3問題4

パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。