baLLjugglermokaのジャグリング+パズル+数学研究所

このプログはパズル、ジャグリング、数学研究等がメインテーマです。このブログの記事は随時更新記事です。一度更新した後でも、追加更新されることがあります。「バックナンバーはどうせ更新されないから見る習慣がない」という方は、このブログのバックナンバーを定期的に観覧すると、もしかしたら更新された新ネタに遭遇するかもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

続・覆面サイトスワップピルエット編

記事を書くのは3か月ぶりになりますが、自分の別ブログ(http://ameblo.jp/137138/entry-11474779866.html)で告知した通り、自分で勝手に決めた更新のノルマを達成していないので、あえて今回の記事は短めにします。本音は今となっては更新ノルマはどうでもよくなっているので笑ってごまかして更新したりしてます。このブログはもともと更新頻度が少ないですが、一人でも多くの読者を楽しませられる様な記事を書けるように日々努力していきますので今後とも宜しくお願い致します。


補足:ここから下の文章は、別ブログの上記のリンクの記事と同時並行に読んでいった方が解読しやすいです。


さて本題です。今回のテーマは別ブログの上記のリンク先の記事で扱った覆面サイトスワップです。
本日思いつたサイトスワップは、

[AB]CDDEF
[BD]CEDAF
[BD]CEDDEF

です。今日はこの3パターンのうち2パターンを試してみました。2種類の道具を使ってのトスジャグリングでは、とても投げやすいパターンです。そして、今回のパターンは別ブログで扱ったパターンよりもピルエットがしやすいです。屋外のパフォーマンスでは最適のパターンだと思いました。明日以降に残りの1パターンを試してみたいです。

次の目標はアクロバットしやすい、かつ2種類の道具を使ってのトスジャグリングをしやすいサイトスワップのパターンを発見する事です。自分はアクロバットは苦手なので自分で実演する予定はありませんが、せめてもアクロバットジャグラーにアイデア提供という形で役に立てたら良いと思っています。

ボールの個数を増やすナンバーズジャグリングでは、応用技といえば、殆どがサイトスワップです。しかしながら、3ボールなど個数が少ないジャグリングでのサイトスワップも魅力が十分あります。今後も自分で発見したサイトスワップがどの様な技に応用できるかを考えると、とてもワクワクしてきます。
サイトスワップは慣れれば誰でも自分のお気に入りのパターンを発見することができます。ジャグラーの皆様、これを機にサイトスワップに深入りして、技のレパートリーを増やしてみるのも良いかもしれません。

最後に、ジャグリング商品を紹介しておきます。詳しくは以下のリンクを御参照下さい。


今回は以上です。最後まで読んで頂き有難う御座いました。

そして、今回の記事のグランドフィナーレはおまけパズルです。記事は短くてもおまけパズルの更新は絶対にサボりませんのでご安心くださいませ。

パズルの種類は、ひとりにしてくれです。今回は2問設定です。

ひとりにしてくれのルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/hitori.html

ひとりにしてくれ問題1:

ひとくれ1


ひとりにしてくれ問題2:

ひとくれ2
スポンサーサイト

ジャグリング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ジャグリングパフォーマーが書いた数学の参考書の紹介 | ホーム | パズル誌では取り上げられないパズルのネタ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。