baLLjugglermokaのジャグリング+パズル+数学研究所

このプログはパズル、ジャグリング、数学研究等がメインテーマです。このブログの記事は随時更新記事です。一度更新した後でも、追加更新されることがあります。「バックナンバーはどうせ更新されないから見る習慣がない」という方は、このブログのバックナンバーを定期的に観覧すると、もしかしたら更新された新ネタに遭遇するかもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

論文集の紹介

研究者が書くものは本や書籍ではなく論文です。今回は、有名な数学者の論文集を紹介します。このブログのタイトルにあるように「研究所」としては相応しい記事ですね。

紹介するのはリーマン予想でお馴染みのリーマン博士の論文集です。以下にピックアップします。



論文集だけあって、内容は完全に専門的なものです。このブログで詳しいことを説明すると記事がとんでもなく長くなってしまいます。ていうか自分はそこまで専門的な説明は多分できないと思います。

紹介した論文誌には、解説もありますので当然ながら原論文を読むよりはるかに内容を把握しやすくなっています。とはいってもある程度の数学の知識は必要になりますが....

数学の素人や専門の研究者ではない人が読んでも無駄ではないと思います。何故なら、数学の研究とはどの様なものなのかという事を勉強できるからです。研究のやり方をマスターすれば、後は専門知識とセンスを磨くだけです。

専門知識は努力で誰でも身に付けられますが、センスはそうはいかないと思っている人もおられるはずですが、センスには先天的と後天的の2種類あると思います。大半の方はセンスとは先天的なものだと先入観を持っているのが現状です。先天的とは生まれ持ったものという事ですが、先天的センスを持っている人の割合は天文学的数値であり極僅かなのです。そして、一生涯の時間内に先天的センスを磨くのはほぼ不可能に近いと思います。
しかし、後天的センス(努力によって鍛えていくセンス)は専門知識を身に付けるのと同じ要領で鍛えられます。

なので、天才的な研究者になりたいと思っている方は、努力すれば可能性はあると思いますよ。

これを機に研究者の夢をあきらめてない人は今からでも夢に向かって頑張ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、論文集ネタはまだ続きます。

今回のおまけコーナーのパズルは自分のもう一つのブログ(http://ameblo.jp/137138/)でも使った種類のパズルです。勿論、サイズもヒント数の配置も全く別物です。

パズルの種類:フィルマット

フィルマットのルール:http://indi.s58.xrea.com/fillmat/

フィルマット問題1:



フィルマット問題1:


スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<論文集の紹介その2 | ホーム | 数表の紹介>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。