baLLjugglermokaのジャグリング+パズル+数学研究所

このプログはパズル、ジャグリング、数学研究等がメインテーマです。このブログの記事は随時更新記事です。一度更新した後でも、追加更新されることがあります。「バックナンバーはどうせ更新されないから見る習慣がない」という方は、このブログのバックナンバーを定期的に観覧すると、もしかしたら更新された新ネタに遭遇するかもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ナンプレ数独のテクニック本の紹介

タイトルにナンプレと書いてありますが、これは数独とルールは全く同じです。では何が違うのかといえば、ただ呼び方が違うだけです。何故呼び方が違うかは本題から外れますのでその説明は割愛させて頂きます。

さて、本題ですが、今回はナンプレの問題集ではなく、ナンプレの解き方のコツが書かれている本を紹介します。ファンが沢山いるナンプレなので、この様な本は絶対必要ですね。以下に紹介本をピックアップします。

難問ナンプレ解き方のコツ

テクニック本ですが、勿論問題も出題されています。各問題ごとに、「この問題ではこのテクニックを使う」という説明があり、解答解説では各テクニックについてわかりやすく説明してあるので、ナンプレのスキルを高めたいという方は必見です。

タイトルでは難問という単語がありますが、初心者レベルの簡単な問題でも十分に役に立つテクニックなので、ナンプレ初心者にもお勧めです。

この本の著者はジャグラーです。自分もジャグラーでパズリストなので、この様な本にはとても関心あります。
何事においても、次の2つの要素が必要です。

(1)実践 (2)理論

パズル雑誌の多くは実践のみというのがほとんどです。今回の紹介本は実践と理論の両要素が備わっているのでとても質の高い本だと思います。

これを機にジャグリングのテクニック、コツに関する本も増えると良いですね。

皆様も是非、実践と理論の両要素を重要視して、それぞれの道で頑張って下さい。自分も頑張ります。

 

最後におまけとして、パズル問題を出題します。今回もパズル問題コーナーではないので、サイズは適当なのを一問という形にしたいと思います。いつも通り標準サイズの10×11を採用しました。


パズルの種類は、へやわけです。

へやわけのルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/heyawake.html

へやわけ問題1:
へやわけ
スポンサーサイト

パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大道芸に関する幾つかの本の紹介 | ホーム | 数学パズル本の紹介>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。