baLLjugglermokaのジャグリング+パズル+数学研究所

このプログはパズル、ジャグリング、数学研究等がメインテーマです。このブログの記事は随時更新記事です。一度更新した後でも、追加更新されることがあります。「バックナンバーはどうせ更新されないから見る習慣がない」という方は、このブログのバックナンバーを定期的に観覧すると、もしかしたら更新された新ネタに遭遇するかもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ジャグリングパフォーマーが書いた数学の参考書の紹介

記事を書くのは実に4か月ぶりになります。なんと前回の記事での3か月ぶりを+1ケ月という見事な記録更新を成し遂げました。全然自慢できる記録ではありませんね(笑)
この記事の読者はこの様な雰囲気に慣れてきたみたいなので、これで良しとしましょう。(無茶苦茶勝手に言っているだけです勿論)次回の記事書く時は更なる記録更新なるか乞うご期待あれ!!

さて、思いっきりふざけたオープニングでしたが、ここからいよいよ本題へ。

今回は、ジャグリングパフォーマーが書いた数学の参考書の紹介です。今回紹介するのは3冊ですが、3冊とも、重要なポイントを丁寧に解説してあり、数学が得意、不得意関係なくとても読みやすい本だと思います。詳しくは以下のリンクを御参照下さいませ。



御存じの方もいらっしゃるかと思いますが、僕もジャグリングパフォーマーなのです。ジャグリングと数学は深い関係があります。ジャグリングの技の習得の時も、教え方の上手い講師のワークショップを受講すると各々の自主練での合理的な練習メニューを組むための有効なヒントが得られる場合が多いです。
今回紹介した本はワークショップを受講する感覚で読むとよいかも知れません。

何だかんだ言って、僕はジャグリングのワークショップを受講した事がありません。練習もすべて独学で、修得した技も殆どがオリジナル技です。ジャグリング道具の動きは完全に物理学なので、数学がある程度得意な人は、自分で技の習得方法を編み出し、技も開発してしまう傾向があります。しかし、独学で我が道を行く場合でも、基本はとても大切です。技の開発等に行き詰った時など、初心に返ってみると、意外と基本的な事が全然できてなかったりします。

最近は、ジャグリングも脳科学的に良い影響をもたらすという研究成果も出てきているそうです。そして、受験問題にパズル問題が出題されているという事実もありますので、そのうちジャグリングも塾や学校の授業に組み込まれる日が来るのもそう遠い未来ではないかも知れません。

今回紹介した3冊は、数学が得意な方でも十分勉強になる内容だと思いますので、是非読んでみると良いかもしれません。

そして今後、著者が数学とジャグリングの関係みたいな本を出版するのを楽しみにしています。(かなりプレッシャーですね。ただの個人的な感想ですので、軽く読み流してくださいませ。)

今回の記事はここまでです。御購読ありがとうございました。

今回のおまけパズルコーナーは懐かしいパズルです。

パズルの種類は、ペイントエリアです。

ペイントエリアのルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/paint_area.html

ペイントエリア問題:

paintarea.png

ぱずぷれで解く
http://pzv.jp/p.html?paintarea/10/10/6djtptss6vjvvve7pgvrvqtufvfvbul6nufvd1f2c32e2l22d3j2o2a1c2y


スポンサーサイト
数学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。