baLLjugglermokaのジャグリング+パズル+数学研究所

このプログはパズル、ジャグリング、数学研究等がメインテーマです。このブログの記事は随時更新記事です。一度更新した後でも、追加更新されることがあります。「バックナンバーはどうせ更新されないから見る習慣がない」という方は、このブログのバックナンバーを定期的に観覧すると、もしかしたら更新された新ネタに遭遇するかもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

算数数学カードゲームの紹介

算数数学の勉強といえば、参考書を読んで...というのが一般的ですが、漫画を読むのと違って教科書的な本を読むのは本当にかったるいですよね。特に遊び盛りの子供たちにとっては、なおさら、本で勉強というのを敬遠する傾向が強いのが当たり前です。勉強ではなく遊び感覚で算数数学の本を読んで算数数学を楽しめといわれても、あまり遊び感覚では楽しめせんね。

今回は算数数学を遊び感覚で楽しめる商品を紹介します。本を読むのではなくゲームとして算数数学を楽しむような方法があればベストですね。そこで、算数数学に関係するカードゲームを以下にピックアップします。
 

昔、小学校や中学校で休み時間や昼休みに「友達とカードゲームで遊んだ」という人は多いのではないでしょうか?実は算数数学はゲームそのものといっても良いかもしれません。算数数学カードゲームで友達と遊ぶ場合、皆で議論しながらやれば新しい発見に遭遇する可能性が非常に高くなります。友達と対戦しながらやれば「自分が勝ちたい」と思い一人で遊んでいる時と比べ閃きが鋭くなり算数数学力の向上が十分望めます。

算数数学カードゲームを一人でやる場合は、手元の数字を頼りにゲームの攻略法を考える要領で次々とアイデアを募りそのカードゲームを攻略すれば、知らないうちに算数数学力が向上しているかも知れません。教科書で数式を見ているより、楽しみながら計算できるので、本で勉強するより数学的センスは磨けると思います。

ここまで言えば、参考書等は必要ないと思ってしまいがちですが、算数数学ゲームで鍛えられるのは「あくまで数学的センス」であり、具体的な計算、定理の証明等の実践的要素は参考書を頼りに鍛えるのが良いでしょう。

算数数学の本を読む事が敬遠されやすい原因は、「この本で算数数学の魅力を追求する。この本で勉強する。」と目的が漠然とし過ぎていて、具体的な目的が定まっていない状態で長ったらしい文章や数式を直接見るので、その文章や数式はどの様な意味があるのかを目的に辿り着くかどうかがわからない状態で考えなければならないから面倒くさいと思いやる気が出にくいからだと思います。算数数学で具体的な目標を設定して本を読んで楽しんでいる人もいますが、これは算数数学をかなり勉強しないと誰にでも簡単にとはいかないものです。勿論、勉強すれば誰でも本を読んで算数数学を楽しむ事は出来ます。

しかし、カードゲームでは「ゲームの目的が提示され、手元にある手掛かりで目的を達成する。」と具体的な目標が明確なので、目的に向かって一直線...といった感じでやる気が出やすいのだと思います。そして、一つの目的に向かう途中でどの様な発見があるのだろうと好奇心も抱きやすい事でしょう。

人間は目的がはっきりしていないとやる気が出なくで、目標が定まったら、その目的に行ってみたいという好奇心からやる気が出て、目標を達成できたという達成感を味わい、また次の目標に向かって頑張ろうという生き物です。これは人間以外の動物も一緒だと思います。これは、仕事や日常生活に限らず勉強にも当てはまっています。

自分自身の目標を定める事に興味を持てば算数数学にもきっと興味を抱くはずです。算数数学は全ての物事の原点ですから。

皆様も是非自分自身の具体的な目標を持つこと大切にして、それぞれの道で頑張って下さい。自分も頑張ります。

最後におまけとして、パズル問題を出題します。今回もパズル問題コーナーではないので、サイズは適当なのを一問という形にしたいと思います。いつも通り標準サイズの10×11を採用しました。


パズルの種類は、バッグです。

バッグのルール::http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/bag.html

バッグ問題1:

バッグ問題1




スポンサーサイト
数学、パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。