baLLjugglermokaのジャグリング+パズル+数学研究所

このプログはパズル、ジャグリング、数学研究等がメインテーマです。このブログの記事は随時更新記事です。一度更新した後でも、追加更新されることがあります。「バックナンバーはどうせ更新されないから見る習慣がない」という方は、このブログのバックナンバーを定期的に観覧すると、もしかしたら更新された新ネタに遭遇するかもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

数学パズル本の紹介

数理パズルといえば、やはり「計算しながら数字を当てはめるパズル」が主流ですね。最近、中学受験の算数の問題にもパズル問題が出題されていますので、パズルが学校教育に一つの科目として取り入れられるのも、そう遠い未来ではないかも知れませんね。

さて、今回は中学受験塾の一つである宮本算数教室の塾長が書いた数学パズルの本を紹介します。以下に紹介本をピックアップします。

賢くなるパズル

たった一つだけ...? と思うのも無理はありません。賢くなるパズルは何種類もあるパズルを一言で表している略称なのですから。

以下の紹介本画像を見て頂ければ分かるように、賢くなるパズルには様々な種類があります。中学受験塾で使われている内容だけあって、数独などのペンシルパズルよりは積極的な計算や数学的な概念が必要となります。
しかし、面倒な計算や複雑な方程式の利用は不要で、解き味は完全にパズルそのものです。

有名な話ですが、宮本算数教室の卒業生の大多数は首都圏の最難関私立中学に合格しています。パズルは学校教育でも凄い力を発揮していますね。

紹介本の内容は宮本算数教室の授業で扱われていますが、年齢関係なく誰でも楽しめますので、パズルの好きな人は是非読んでみると良いでしょう。

ペンシルパズルは得意だけど計算は苦手という方は意外といますので、そういうパズリストの皆様はこの機会に弱点を克服して、パズルの世界では「向かうところ敵なし」という理想を築いてみてはいかがでしょうか?

数学が苦手という方にもこの紹介本はお勧めです。数学が苦手という方の多くは「自分で苦手だと先入観を持っているだけ」なので、そういう方の中に数学的センスは天才的である人もいると思います。紹介本は、数学の面白さが伝わってくる内容なので、得意苦手関係なく数学に関心ある方には是非おススメです。

これを機に、皆様も数学とパズルを融合させた究極の思考力を体得する旅に出てみてはいかがでしょうか?



最後におまけとして、パズル問題を出題します。今回もパズル問題コーナーではないので、サイズは適当なのを一問という形にしたいと思います。いつも通り標準サイズの10×11を採用しました。


パズルの種類は、黒どこです。

黒どこのルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/where_is_black_cells.html

黒どこ問題1:

黒どこ問題1:

スポンサーサイト
数学、パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。