baLLjugglermokaのジャグリング+パズル+数学研究所

このプログはパズル、ジャグリング、数学研究等がメインテーマです。このブログの記事は随時更新記事です。一度更新した後でも、追加更新されることがあります。「バックナンバーはどうせ更新されないから見る習慣がない」という方は、このブログのバックナンバーを定期的に観覧すると、もしかしたら更新された新ネタに遭遇するかもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

沢山の種類のパズルを扱った雑誌の紹介

パズルと言えば、皆様が思い出すのは、数独というのが大多数かと存じますが、パズルには数独以外にも様々な種類があります。
一つのパズルを奥深くまで追求するのも、一つの楽しみ方! しかし、一つでも多くの種類のパズルを奥深くまで追求したいという方もいらっしゃるかと思います。

そういう方に是非お勧めなのが、

「パズル通信ニコリ」

です。
パズル通信二コリは別名二コリ本誌とも呼ばれていて、日本で始めて出版されたパズルの専門誌で、現在ではオールジャンルを扱う日本唯一の総合パズル専門誌です。日本で最も歴史の長いパズル専門誌だけあって、パズルの奥深さを十分味わえます。

懸賞パズルも充実していることはもちろんの事、その他コンテストなども行われています。そして、正解者全員の名前を掲載する特別応募問題や市販のパズルの紹介、専門家の連載記事、パズルやゲーム関係の施設への取材報告等その他にも面白いコーナーが沢山あり、パズル初心者でもプロ作家でも十分楽しめる内容になっています。


そして、自作パズルの投稿も随時受け付けています。プロの作家も投稿したりしています。自分(baLLjugglermoka)のオリジナルパズルは137号と138号に掲載されています。(以下のリンクを137号から最新号にしたのも自分の初掲載が137号というのが理由です(^^))

この雑誌の楽しみ方は人それぞれですが、様々なジャンルが掲載されているという利点を生かして、
一問解いたら次は別の種類のパズルを一問と解いていき...とすれば様々な思考力を鍛えられるだけでなく、思考の切り替え能力も鍛えられると見込めます。

己の得意なパズルを知りたい人もこの雑誌で一種類でも多くのパズルを解いて得意分野を見つけるのも良いかも知れません。

追伸:この記事は随時更新記事です。更新ネタ、内容の変更がありましたらその都度更新させて頂きますので宜しくお願い致します。




スポンサーサイト
パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |

パズル問題コーナーその1(クリーク)

このブログでは雑誌の紹介、専門家目線での考察、研究等がメインですが、たまにはパズル問題を気が向いた時にマイペースに
出題していく予定です。出題頻度は気が向いた時にマイペースにといった流れですので、かなり不定期です。

今回のパズル問題はクリークです。クリークはパズル通信ニコリのオモパコーナーから誕生したニコリ社のオリジナルパズルです。

ルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/creek.html

普通の出題の仕方では普通すぎるので、一風変わった出題方法を採用したいと思います。

通常サイズは10×10ですが、自分のブログでは通常の4分の1のサイズである5×5を採用します。
4問出題すれば通常問題を一問出題したのと同値ですね。

出題は以下の4問です。

問題1問題2
問題3問題4

パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |

少ない知識を上手く活用するテクニック本の紹介

ジャグラーで数学が得意という方は多数いらっしゃるかと存じますが、そんなジャグラーの方にお勧めの雑誌は

ジャグリングと数学の関係を様々な例を挙げて解説してある「The Mathematics of Juggling」

です。ジャグリングは数学と物理と深い関係がありますが、ジャグリングで必要な数学の知識は最大でも高校数学の範囲。必要な物理の知識は最大でも高校物理の範囲。しかし、数学者、物理学者でも「難しい」「複雑だ」と思わせるくらいジャグリング数学、ジャグリング物理というのは大変奥が深いのです。
「少ない知識で奥が深い」これはパズルにも共通する要素です。

ルールがシンプルで世界中で大人気の数独より更にルールがシンプルなパズルがあります。

それは、「のりのり」です。
のりのりはパズル通信ニコリのオモパコーナーから誕生したニコリ社のオリジナルパズルです。
その「のりのり」が、ついにペンシルパズル本で登場しました。それが

「ペンシルパズル本152 のりのり1」

です。

少ない知識を上手く活用する能力を鍛えたい方には、この2つの本を同時に活用すると良いかもしれません。

追伸:この記事は随時更新記事です。更新ネタ、内容の変更がありましたらその都度更新させて頂きますので宜しくお願い致します。
 



ジャグリング、数学、パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。