baLLjugglermokaのジャグリング+パズル+数学研究所

このプログはパズル、ジャグリング、数学研究等がメインテーマです。このブログの記事は随時更新記事です。一度更新した後でも、追加更新されることがあります。「バックナンバーはどうせ更新されないから見る習慣がない」という方は、このブログのバックナンバーを定期的に観覧すると、もしかしたら更新された新ネタに遭遇するかもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

年賀パズル2014

Happy new year!!

I look forward to your continued good will in the coming year!!

I had no time to make this puzzle. However,I think that this shakashaka puzzle is very interesting.

You can use PAZUPURE soft. Plesae enjoy!!


This is shakashaka puzzle.
年賀2014問題

Rule of shakashaka puzzle.
http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/shakashaka.html

If you use PAZUPURE soft, plesae click here.

http://indi.s58.xrea.com/pzpr/v3/p.html?shakashaka/14/14/o.w.hcabeo.k.p.j7abeu.p.icabey.j.m.g..i.j.k.u.i
スポンサーサイト
パズル | コメント:2 | トラックバック:0 |

パズル誌では取り上げられないパズルのネタ

新年がスタートしてから、早くも一週間が経過しようとしてます。時間の流れは速いものですね。お正月は年賀パズル解きに明け暮れていましたbaLLjugglermokaです。

今回はパズル誌で取り上げられないネタを「なぞなぞ」形式で紹介していきます。今回のネタはお絵かきロジックです。

お絵かきロジック問題:
おえかき

お絵かきロジックのルールはhttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/6858/rogic/guide.htmlを御参照下さい。

では早速、この記事を御覧の皆様に質問です。

質問:上記の問題を解いたらどの様な絵が出現しますか?

「これって普通のお絵かきロジックと何が違うのですか?質問もごく普通ですし....」
と思う方が多いはずですが、実は解いてみて解答図をよく見てみると........

とりあえずヒントを一つ書いておきます。

ヒント1:少なくともお絵かきロジックの雑誌でこのような答えは基本的に設定しません。

答えがわかった方はこの記事のコメント欄に書いて頂ければ答え合わせをします。

ヒントはあと2つ用意しています。ある程度時間が経過しましたらこの記事に追加更新します。(1月6日現在)

(1月27日追記)
この記事書いてから3週間経過しましたので、予告通り残り2つのヒントを提示します。ただし、かなり有力なヒントですので予め御了承下さいませ。

ヒント2:このような答えの設定だと問題が作り易い場合が多いです。

ヒント3:お絵かきロジックは黒マスの配置を絵柄として表現しています。
以下の「のりのり」パズルの解答図の黒マスの配置と、今回のお絵かきロジックの解答図の黒マスの配置は誰が解いても全く同じ絵柄を表現しています。

のりのり問題:(ルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/norinori.html)
のりのり問題おえかき

色々と書いていましたら、かなりマニアックな内容になってきましたね。折角なので、初心者から気軽に遊べるゲームパズルで気分転換して頂ければと思います。(今回は以下の3種類をピックアップしました。)



ちなみに上記の3つでは自分は出題に一切関わっていません。今回の記事はここまでです。御購読ありがとうございました。では、恒例のおまけパズルコーナーへといってみましょう。

今回のおまけパズルコーナーはお絵かきロジックネタとは全く無関係です。

パズルの種類は、橋をかけろです。今回は2問設定です。

橋をかけろのルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/hashiwokakero.html

橋をかけろ問題1:

はしかけ2

橋をかけろ問題2:

はしかけ1



パズル | コメント:2 | トラックバック:0 |

ペンパ玩具の紹介の続き

タイトルの通り前回の続きです。ていうかある意味種明かしです。前回紹介した商品は実はパズル道場の教材だったのです。パズル道場は子供達を対象にした思考力向上のための教室です。現在も沢山の受講生がいます。
自分はパズル道場の主催には全く関与していませんのでパズル道場に関する込み入った説明はこれくらいにしておきます。

パズル道場は頭の柔軟な子供たち向けの教材なので本だけではなく玩具も作られていたわけですね。

市販のパズル雑誌はお子様向けという限定が無いため、玩具化しようという発想が出てこないのかも知れません。玩具は年齢問わずに楽しめるものなので、是非とも既存のパズルを全て玩具化する動きがあって欲しいものです。

目に見えている物は全てが3次元の物です。壁にペンキで描かれた絵は、2次元だと思ってしまいがちですが、ペンキにも厚みがあるので3次元です。結局絵は見た目は完全に2次元なので、頭の中では2次元として扱ってもよいと思います。これと同じ様に、パズル雑誌に描かれている盤面も人間の頭の中では2次元と認識するのが正しいでしょう。何故なら、インクの厚みはパズルを解く際に全く影響しないものであり、見た目でも分からないので無視できるからです。

紙の上でパズルを解く場合は、鉛筆で盤面に数字や線や黒マス等が描かれていくので、

「問題の盤面が2次元的動作で正解の盤面へと変化していく」

と同等です。

一方、玩具でパズルを解く場合は、手で盤面に数字や線や黒マス等のピースを動かして配置するので、

「問題の盤面が3次元的動作で正解の盤面へと変化していく」

と同等です。

以上から分かりますように、玩具の素晴らしいところは、2次元のペンシルパズルを人間の目に見えている世界と同じ様な環境で楽しめて、更には3次元ペンシルパズルにも対応できるところです。

紙の上には3次元の盤面は再現できませんし、目で見えている世界とはかけ離れた環境ですので、発想の閃きが鈍くなりがちです。ただし、紙と鉛筆でパズルを解いたり作ったりするのは、玩具で解いたり作ったりよりもはるかに手軽にできます。玩具は作るのも大変ですし。

当たり前かもしれませんが、パズル一問につき玩具一つ作ったら効率が悪すぎるので、やはり、パズル雑誌に載っている問題を玩具を用いて解くのが良いと思います。(玩具はあくまでもパズルを解くための道具に過ぎません。)

玩具でパズルを解いてみたら、新しい解き方、新しいパズルのルール等が閃くかも知れませんよ。これを機に、パズル玩具を使いこなして、あなたにとってもう一つのパズル脳を修得してみるのも良いかもしれません。



最後におまけとして、パズル問題を出題します。今回もパズル問題コーナーではないので、サイズは適当なのを一問という形にしたいと思います。いつも通り標準サイズの10×11を採用しました。

パズルの種類は、リフレクトリンクです。

リフレクトリンクのルール:http://indi.s58.xrea.com/reflect/

リフレクトリンク問題1:

リフレクトリンク問題1

パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |

ペンパ玩具の紹介

ペンシルパズルは紙とペンがあればどこでも遊べますが、紙とペンも無しに遊ぶことができます。それは、頭の中でパズルの盤面をイメージして暗算の要領でパズルを解くことです。分かりやすい例では目隠し将棋みたいなものです。この例をもとに、目隠しペンパとでも勝手に名付けておきます。(ペンパはペンシルパズルの略称です。)

パズルのスキル以外で目隠しペンパに必要な要素は、映像を頭の中でイメージする事です。具体的に言えば、パズルの盤面や盤面に記入した数字や線や黒マスなどを頭の中で映像化する事です。しかし、映像化のスキルはパズルのスキルとは別物なので難易度の高い問題を解く時は極めて低効率です。一方、難易度の低い問題を解く時は頭でイメージした方が鉛筆を動かさない分、早く解ける場合があります。しかし、パズルマニアでなければ、目隠しペンパをやろうとする人はあまりいませんよね。


現実的にみれば、最近は電車やパズの中で数独の本を持っている人やスマートホンで数独などのペンシルパズルのアプリをやっている人が多いようです。本でパズルを解く場合は、途中で間違えて消しゴムで消した部分が見にくくなって解きにくい。スマートホンで遊んでいる人は途中でバッテリーが切れて中断せざる負えない、アプリサイトへのアクセス障害、等様々な悩みが出てくると思います。

しかし、ペンシルパズルの盤面を再現した玩具があれば、いつでもどこでもパズルで遊べますね。その様な都合の良いものがあればパズルファンとしても嬉しい限りです。実は、その様な玩具はあります。以下にピックアップします。



ペンシルパズルは2次元のパズルなので、紹介した玩具はあまり厚さがなく持ち運びに便利です。この玩具があれば、パズル問題を解いている途中に間違えてもピースを手で動かすだけなので間違えた履歴は全く残りません。頭の中での映像化も必要ないので目隠しペンパよりはるかに効率よくパズルが解けます。当たり前ですが、紙とペンが不要です。電力も不要です。パズルで遊ぶためのコストはゼロです。紙とペンを使う場合は鉛筆の芯を消費していますのでコストはゼロではありませんね。

パズルの作り手の立場からみても、ピースを動かしながら頭の中でヒント数の配置をイメージして問題制作というのもありです。

ペンシルパズルのファンは現在もどんどん増えていますので、ペンシルパズル玩具の種類がもっと増えて欲しいものです。

今回はここまでですが、実は、この記事には続きがあります。それは明日のお楽しみとさせて頂きます。

最後におまけとして、パズル問題を出題します。今回もパズル問題コーナーではないので、サイズは適当なのを一問という形にしたいと思います。今回のサイズはこのブログの標準サイズと異なります。このブログではパズル通信ニコリで扱われているサイズをもとに自分でサイズを調節しています。それに伴い今回は7×8を採用しました。

パズルの種類は、ごきげんななめです。

ごきげんななめのルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/gokigen_naname.html

ごきげんななめ問題1:

ごきげんななめ問題1



パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |

ナンプレ数独のテクニック本の紹介

タイトルにナンプレと書いてありますが、これは数独とルールは全く同じです。では何が違うのかといえば、ただ呼び方が違うだけです。何故呼び方が違うかは本題から外れますのでその説明は割愛させて頂きます。

さて、本題ですが、今回はナンプレの問題集ではなく、ナンプレの解き方のコツが書かれている本を紹介します。ファンが沢山いるナンプレなので、この様な本は絶対必要ですね。以下に紹介本をピックアップします。

難問ナンプレ解き方のコツ

テクニック本ですが、勿論問題も出題されています。各問題ごとに、「この問題ではこのテクニックを使う」という説明があり、解答解説では各テクニックについてわかりやすく説明してあるので、ナンプレのスキルを高めたいという方は必見です。

タイトルでは難問という単語がありますが、初心者レベルの簡単な問題でも十分に役に立つテクニックなので、ナンプレ初心者にもお勧めです。

この本の著者はジャグラーです。自分もジャグラーでパズリストなので、この様な本にはとても関心あります。
何事においても、次の2つの要素が必要です。

(1)実践 (2)理論

パズル雑誌の多くは実践のみというのがほとんどです。今回の紹介本は実践と理論の両要素が備わっているのでとても質の高い本だと思います。

これを機にジャグリングのテクニック、コツに関する本も増えると良いですね。

皆様も是非、実践と理論の両要素を重要視して、それぞれの道で頑張って下さい。自分も頑張ります。

 

最後におまけとして、パズル問題を出題します。今回もパズル問題コーナーではないので、サイズは適当なのを一問という形にしたいと思います。いつも通り標準サイズの10×11を採用しました。


パズルの種類は、へやわけです。

へやわけのルール:http://www.nikoli.co.jp/ja/puzzles/heyawake.html

へやわけ問題1:
へやわけ

パズル | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。